開発者向け情報

SMF SDK, libarmsについての開発者向け情報です。

SMF SDK

SMF SDKは、SMFv2システムを構築するためのソフトウェア、ライブラリ、各種ドキュメントが含まれた開発キットです。管理対象となるサービスアダプタ固有の設定が可能なメニュー画面の実装や、課金システムとの連携など、提供するサービスに合わせて独自のRS(Resource Server)を開発することができます。

SMF SDKは、SMF Developerサイト内のSMF SDKページにて無料公開されています。isoイメージ形式で配布され、CD-ROMには以下のものが収録されています。

  • SMF SDK開発用ライブラリ
  • ARMS Proxy サーバ, Heartbeat サーバインストールパッケージ(RPM形式)
  • デモ環境用 Eclipse プロジェクトファイル
  • 各種ドキュメント

SMF SDKで構築したRSを利用してサービスアダプタを管理する場合、別途 LS サービスへの契約が必要となります。

SMF SDK
SMF SDK

libarms Project

SMFが提供する自動接続・完全管理を実現するためのARMSプロトコルを実装した、CPE向けのライブラリ『libarms』の開発者向け情報ページです。libarms は、IIJが開発するオープンソースライブラリです。 SMFv2システムのクライアント(サービスアダプタ)を開発するために必要な機能が実装されています。libarms はBSDライセンスで提供され、どなたでも自由に使うことができます。

libarms Project
libarms Project

このページの先頭へ